FX(外国為替証拠金取引)とは?

FXとは外国為替証拠金取引の通称で、自己資金である証拠金(保証金)を担保に、その証拠金以上の外貨を売買出来る投資商品です。
日本では1998年の外為法の改正により取引が可能になりました。

 

外貨の取引単位は米ドルの場合、通常1万ドル、10万ドルといった単位ですが、そのままだと100万円、1000万円といった資金が必要となってしまう為、最初の資金の少ない人でも取引が出来るようこのような仕組みが生まれました。

 

FXはレバレッジという仕組みを活用して資金(証拠金)の数十倍(日本では最高25倍)の取引が可能になります。
よくFXは、ハイリスク・ハイリターン商品と言われますが、それはレバレッジを大きく掛けた場合にそのリスクも高くなる為に言われる事で、実際のFXではレバレッジを1倍(証拠金のまま)で取引出来るので、外貨預金のような運用も可能です。

 

ハイリターンを狙って、高いレバレッジで高い利益を狙うのもFXの醍醐味ではありますが、レバレッジを低く押さえて、金利差益(スワップポイント)で、堅実な運用を行う事も可能な投資商品なので、その融通性の良さが人気の理由となっていると思います。

 

また、FXではほとんどの会社が取引手数料が無料で、代わりにスプレッドと呼ばれる 一種の手数料がかかりますが、外貨預金の手数料に比べると遥かに安価なのも人気の理由の一つだと思います。